「ひふみん」こと加藤一二三九段の原動力について分析してみた。

 

f:id:watchboy24:20170731004725p:plain

出典 http://anincline.com/kato-hifumi/

 

1940年1月1日生まれの天才、


今大人気の「ひふみん」こと「加藤一二三九段」についてその強さと元気の原動力について調べてみました。

 


まずは簡単に加藤一二三九段について経歴を紹介します。


プロ棋士になったのが14歳7ヶ月、将棋界史上初の中学生棋士となりました。


デビューしてなんと4年連続で順位戦昇段を果たし、18歳でA級八段となります。その天才っぷりから世間ではこう呼ばれます。


「神武以来の天才」


そんな天才ひふみんの輝かしい成績は…


通算成績は1324勝1180敗 1持将棋


対局数では歴代1位!ちなみに敗北数でも歴代1位!


A級在籍数はなんと36期(大山名人に次ぐ歴代2位)


タイトル獲得数は計8期


棋戦優勝は23回


早指し棋戦での強さが目立ちますが、それもそのはず「1分将棋の神様」と言われているぐらい早指しに強いです。


「加藤先生は秒読みになってから本当に強い。間違えない」


そしてここから気になるひふみんの原動力について述べたいと思います。 

 

 

原動力その1「棒銀戦法」


引退する最後の最後まで棒銀戦法を貫き通しておられました。


羽生三冠も自身の著書の中でこう語っておられます。


「あそこまで同じ戦法を貫かれると不気味ですらある。普通、研究され対策されることを考えると、一つの戦法をとり続けることは、一つの生き方ではあれ現実に実行する人はほとんど居ない。しかし加藤先生に限っては、全くそれを恐れていないようだ」

 

 

原動力その2「食事」


大食漢としても知られているひふみん。


対局中の食事にはよく「うな重」を注文されていました。


気になる大食漢エピソードは…


「おやつに板チョコ10枚食べた。数枚まとめてバリボリ。」


「王位戦の昼食に、「すしにトマトジュース、それにオレンジジュースとホットミルク、天ざる」を注文し、三時のおやつには「メロンにスイカ、ホットミルク三杯にケーキ、モモ」を注文」


「十段戦で、米長永世棋聖とのミカン食い決戦、記録係が「ミカン臭くて死にそうです。」と助けを求める。ミカン合戦に負けた米長永世棋聖が勝負にも負ける。」


「対局の夕食にはカキフライ定食とチキンカツ定食をダブル注文して対戦相手をビビらせる。その伝説は囲碁界にも響き渡った。」


「みかんゼリーを10秒で平らげる。」


「負けたら引退がかかっている対局でも、チーズを持ち込んで食べまくる。」

 

 

原動力その3「長考派」


常に最前の一手を考えるため、持ち時間がすぐになくなります。


さらには六手目に二時間近い長考をしたことも、最大で一手に七時間を掛けたこともあります。

 

 

原動力その4「熱心なキリスト教徒」


正直これは将棋の原動力となっているかは定かではありませんが紹介させてください。


加藤九段は地方の対局に出掛ける時には、必ず近くに教会があるかどうかを調べて行くぐらい熱心なキリスト教徒として知られています。


対局中に賛美歌をハミングを歌ったり、バチカンから「聖シルベストロ騎士勲章」受章したり、敬虔なカトリック教徒のため「一分将棋の神様」と呼ばれるのが嫌で、「一分将棋の達人」と呼ぶように懇願したりといったエピソードがあります。


ちなみに洗礼名は「パウロ」です。

 

 

将棋のプロ棋士としては引退したもののアウトデラックスを始めとしてテレビでの活躍に今後も目が離せないません!

 

 

ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生―

ユリイカ 2017年7月号 特集=加藤一二三 ―棋士という人生―

  • 作者: 加藤一二三,羽生善治,森内俊之,佐藤康光,先崎学,糸谷哲郎
  • 出版社/メーカー: 青土社
  • 発売日: 2017/06/26
  • メディア: ムック
  • この商品を含むブログを見る
 
求道心 誰も語れない将棋天才列伝 (SB新書)

求道心 誰も語れない将棋天才列伝 (SB新書)

 
【Amazon.co.jp限定】加藤一二三名局集

【Amazon.co.jp限定】加藤一二三名局集

 
羽生善治論  「天才」とは何か (角川oneテーマ21)

羽生善治論 「天才」とは何か (角川oneテーマ21)