陣屋事件と名人に香車を引いた男の伝説

 f:id:watchboy24:20170824150445j:plain

出典https://blogs.yahoo.co.jp/kkkssst/26188919.html

「この幸三、名人に香車を引いて勝ったら大阪に行く」


昔、家にあった物差しの裏にこのように書いて家出をした少年がいました。


今回は将棋界では有名な「陣屋事件」についてご紹介します。


物差しの裏に書いたこの言葉の意味は「名人相手にこちらが香車無しで勝つまで大阪には帰らない」という決意と宣言でした。


この大胆不敵な言葉を書いたのは当時13歳だった升田幸三実力制第4代名人です。


升田幸三といえば史上初の三冠王(当時の全タイトル名人、王将、九段を独占)となった大棋士

 


時は1951年、王将戦


木村義雄王将(名人)への挑戦者となった升田幸三は4勝1敗と木村義雄を破り、王将位を奪取します。


しかし、当時の王将戦は「三番手直りの指し込み七番勝負」という制度を導入していました。


現在のタイトル戦七番勝負では、どちらかが先に4勝したほうが勝ちになり、戦績が4勝0負だろうが4勝2負だろうがそこで終了となりますが、


「三番手直りの指し込み七番勝負」というのは一方が三番勝ち越した時点でも王将のタイトルが移動し、同時に「指し込み」が成立して、手合割が平手から「平香交じり(平手局・香落ち局を交互に行う)」に変わるというものでした。


つまりわかりやすくするとこういうことです

  • タイトルの行方が決まっていてもきっちり最後の第七局まで行う
  • 七番勝負なので4勝したほうがタイトル戦勝者となるが、もし途中で3勝差をつけてもタイトル奪取もしくは防衛となる
  • 3勝差した場合、そこから第七局まで平香交じり(平手局・香落ち局を交互に行う)を行う


これは名人戦と差別化をしたい王将戦主催社の毎日新聞社の意向でした。


もちろんこの制度の導入には将棋界で様々な議論がありました。


その中でも一番反対したのは升田幸三です。

 

「名人が半香に追い込まれては名人位の権威が問われる」

「王将戦のねらいは、名人の権威を失墜させることにある」

 

しかし時の名人木村義雄は賛成していました。

 

「名人である自分が追い込まれることはない」

 

賛否両論ありながらも王将戦の「三番手直りの指し込み七番勝負」の制度は導入され、そしてあの事件は起こります。

 


王将戦で木村義雄相手に4勝1負で王将を奪取した升田幸三ですが、ルールにより3勝差ついたため第六局目は香落ち局が行われます。

 

「この幸三、名人に香車を引いて勝ったら大阪に行く」

 

子供の頃、こう書き残してから20年、本当に名人相手に香車を引くことが実現することに升田は感無量であったといいます。


そしてその対局場となったのが現在でも数多くのタイトル戦が行われていうる「陣屋」でした。


対局前日、最寄りの駅から徒歩で「陣屋」に着いた升田は玄関のベルを押したが迎えの者が出て来ない。玄関に立つ升田の前を女中が忙しく行き来するが升田には目もくれない、升田が何度ベルを押しても誰も出て来なかった。

 

「こういうときの時間は、実際よりうんと長く感じられるもんですが、三十分ばかり玄関に立っとったように思う。いぜん知らん顔で目の前を行き来する女中をみておるうち、私の我慢は限界に達した。自分がおさえきれず、私は陣屋の玄関を出た。」

 

腹の立った升田幸三は別の旅館に引きこもり対局を拒否します。


大先輩である土居市太郎八段、立会人の丸田祐三九段、毎日新聞の記者、最後には陣屋の主が升田をなだめますが、功を奏しません。


そうして対局場である陣屋に升田幸三が出向くことはなく、王将戦第六局は対局中止となります。


これがかの有名な「陣屋事件」と呼ばれるものです。

 

陣屋事件の真相については升田幸三本人からは語られていませんが、大方の見方では、「名人位の権威を守りたかった升田幸三の取った行動」だと考えられています。


「名人に香車を引いて勝つ」とまで宣言し名人を超えたかった少年時代、しかし、その名人を目指している中で、名人への憧れや、尊敬のようなものが升田幸三にも芽生えた。

 

「将棋界最高位の名人に香車を引いて闘うなんて無礼なことはできない」

 

こう考えていたのではないでしょうか


実際、陣屋には玄関にベルなんてなかったそうです。


当時の陣屋の大おかみは対局前日に升田が何かを思案している様子で陣屋の入口前の小道を行ったり来たりしているのを見ており、そうしてそのまま升田は引き返していってしまったと語っています。

 

 

後日、「陣屋」に迷惑をかけたことを気にしていた升田は友人と陣屋を訪れます。


そこでこのような俳句を残しています。


「強がりが 雪に転んで まわり見る」

 

f:id:watchboy24:20170824145903j:plain

 出典http://mynavi-open.jp/weblog/2014/04/post-2581.html

 

しかしこの伝説にはまだ続きがあります。

 

 陣屋事件があった4年後

 

升田幸三は当時名人でもあった大山康晴王将に挑戦し、第一局から3連勝し指し込み、つづく第四局で「三番手直りの指し込み七番勝負」のルール通り大山名人相手に香落ちで対局し、勝利しました。


「この幸三、名人に香車を引いて勝ったら大阪に行く」


13歳の少年が書き残したこの宣言は、正直「ウルトラマンになる」ぐらい無謀なことだったと思います。


しかし、本当にやってのけた。


それゆえに升田幸三はこうも呼ばれています。

 

「名人に香車を引いた男」

 

 

名人に香車を引いた男―升田幸三自伝 (中公文庫)

名人に香車を引いた男―升田幸三自伝 (中公文庫)

 
升田の研究?鬼手と石田流? (将棋連盟文庫)

升田の研究?鬼手と石田流? (将棋連盟文庫)

 
好妻好局―夫・升田幸三との40年 (小学館文庫)

好妻好局―夫・升田幸三との40年 (小学館文庫)

 
CD-ROM版 升田幸三全局集

CD-ROM版 升田幸三全局集